スマホで老眼が増加【理由について調べよう】

ニュース一覧

度数の軽いものを選ぶ

メガネ

疲れ目で測定しない

小さな文字が見にくくなったり、スマホの画面を見た後に遠くを見ると、ピントが合わせにくくなるなどの症状を感じたら、スマホ老眼の疑いがあります。加齢による老眼ではなく、スマホの画面を四六時中見て目を酷使するために起こる症状で、20代や30代など年齢を問わず起こるのが特徴です。そのまま放置していると、目の痛みや肩こり、手指のしびれなどを引き起こす可能性があるため、適切な対応をすることが大切になります。スマホ老眼を改善するための目の体操をしたり、近くを見る時だけ老眼鏡をかけるのもおすすめです。スマホ老眼用の眼鏡を選ぶ時の基準は、できるだけどの軽いものを選ぶことです。メガネだけに頼り切るのではなく、目の調節機能の負担を減らすというスタンスで選ぶのが賢明でしょう。また、ブルーライトカットのレンズであれば、スマホやパソコンの画面から発されるブルーライトから目を守ることもでき一石二鳥です。メガネの度数を測定する時は、仕事帰りなど目を酷使した後でなく、目をしっかり休養させた状態で測定するのがベストです。疲れた状態で測定してしまうと、通常時よりも矯正度の高いものが作られる心配があります。フレームは、長くつけていても疲れないものを選び、顔の形に合っているのかも確かめましょう。見えにくい状態で見続けていると、スマホ老眼をさらに進行させる恐れがあります。自分に合った眼鏡をかけて、目の負担を減らし快適な視界を得ることが大事です。

Copyright© 2018 スマホで老眼が増加【理由について調べよう】 All Rights Reserved.