スマホで老眼が増加【理由について調べよう】

ニュース一覧

遠景と近景を見比べる

女性

目の周りの筋肉を緩和する

スマホが普及してからは、最新ニュースをリアルタイムで入手出来たり、どこにいても世界と繋がることができるなど、便利な生活になりました。しかし、四六時中スマホ画面を見続けることによる眼精疲労で、20代後半や30代で老眼の症状が出る人が増えています。スマホ老眼と呼ばれ、現代病の一つに数えられるでしょう。スマホ老眼の症状は一般的な老眼と同じで、近くのものが見えづらくなったり、視界がぼやけたりするというものです。また、肩こりや頭痛に悩まされることもあります。自分がスマホ老眼であるかチェックする方法は、人差し指を立てて腕を伸ばしゆっくりと顔に近づけ、ピントがぼやけたところでストップし、指と目の間の距離を測ります。30センチ以上離れていた場合は、スマホ老眼の疑いがあります。初期のスマホ老眼なら、簡単な方法で改善することが可能です。遠くの景色が見える窓際に立ち、3秒ほど景色を眺めた後、手元にあるペン先を3秒ほど眺めるという動作を3回ほど繰り返します。もっと簡単な方法は、実視力よりも2度プラスの老眼鏡をかけ、5分程遠くを眺めるだけです。老眼鏡は、100円ショップで売られている安い物でOKです。しかし、スマホ老眼を放置して悪化させていた場合は、これらの方法で改善しない場合があるため、日ごろから目の状態に気を配ることが大切になります。口コミでも、自力で改善したという声は多く、早めの手当てで良くなることが実証されています。

Copyright© 2018 スマホで老眼が増加【理由について調べよう】 All Rights Reserved.