スマホで老眼が増加【理由について調べよう】

ニュース一覧

若い世代の目のトラブル

ウーマン

電子機器から目を守る

老眼は近くの物が見えづらくなる現象です。原因は目の中の水晶体と言われる部分が加齢により硬くなり上手くピントを合わせられなくなるからです。老眼は老化現象ですが、最近は20代や30代の若い世代に老眼と同様を症状を訴える人が増えてきています。これはスマホ老眼と呼ばれています。スマホは本体が小さく画面を近づけないと良く見えません。この時、目は近づけた画面を見る為に水晶体の厚さを厚くしてピントを近くに合わせます。しかし、この状態が長時間続くと水晶体は厚さを上手く切り替えられず、遠くと近くの視野の変化をコントロールできなくなります。これが慢性化することで普通の老眼と同じ様な状態を作り出してしまうのです。また、スマホは画面に視線を集中させるので目の筋肉を酷使し筋肉の凝りを招きます。その為、スマホ老眼の人は肩こりや頭痛、眼精疲労、目に乾燥を併発している人も多いです。スマホ老眼の一番の予防法はスマホの使用時間を減らすことです。必要な時だけ使用するだけでも目への負担は違ってきます。仕事等で使用時間を減らせない人は一回あたりの使用時間を減らしてみて下さい。そして使用後は遠くを見て水晶体にレンズ調節の時間を与えましょう。加えて、市販の温めるアイマスクや眼精疲労対策グッズを利用してみるのもおすすめです。スマホが原因の肩こりには首の筋肉をほぐすストレッチも効果的です。スマホ老眼を予防するためにも積極的に目の負担を軽減してみて下さい。

Copyright© 2018 スマホで老眼が増加【理由について調べよう】 All Rights Reserved.